各予備校の特徴

車椅子をおす介護士

少子高齢化が進む中、日本では医療福祉サービスに対する需要がここ近年急速に高まってきています。
高齢者が増加する中、介護を必要とする人が急速に増えてきていますが、要介護者を支える若者の人口が減少してきているため、公共や民間の老人ホームや介護施設を頼らざるを得ない人が増えている事がその背景として挙げられます。
こうした理由から、医療福祉業界は今後も安定した成長が見込まれており、それを理由に福祉業界を目指す人も増えてきています。
しかし、人命を預かる医療福祉サービスに従事するためには、高度な専門知識や実務経験が必要となります。
こうした知識や経験は独学では身に付くものではないため、専門スクールにて学習する必要があります。

医療福祉の専門学校は2年制を採っている学校が多いです。
一言で医療福祉といっても学習しなければならない知識の範囲は相当広いので、1年制を採っている専門学校は殆どありません。
専門学校の学費料金については、年間50万円から100万円程度というのが相場となっています。
他分野の専門学校に比べると1年間に必要な学費の額はやや高めですが、これは介護や医療の分野において実務研修を多く受講する必要があるためです。
但し、近年医療福祉業界は深刻な人材不足に悩んでいるため、学校卒業後に就職する事を条件に奨学金を出したり、学費の補助を行ってくれる企業も出てきています。
また国や行政も人材育成のための補助を行うようになっており、料金は今後下がっていくと予想されます。